メモリアルフォトギャラリー


*このページにある写真を無断でダウンロードしたり転載したりしないようお願いします*

7月8日、ピアノ学生のMさんの洗礼式が行われました。
Josua-Gemeindeでの合同礼拝でした。
洗礼は、古い自分は死に、新しい命を与えられたことを象徴的に表しています。
Mさん、おめでとうございます。キリストの祝福がこれからずっと、伴いますように。

  

キリストと共に生きる誓約  全身水につけられます  日本語教会の皆さんと記念撮影




7月1日の礼拝後、教会の庭でグリルをしました。
新しい会堂になり、教会の庭が使えるようになり良かったです!
初めての方も来られました。その中には、「HPを見て来た」という人も・・・。


  
とても良いお天気でした       途中で子どもたちへの紙芝居



2018年の教会遠足はRatzeburgに出かけました。
この日だけ、とても寒くて、街を歩いている人もほとんどいませんでした。
聖ペトリ教会、バーラッハ博物館、大聖堂、郷土博物館などを見学し、見ごたえがありました。
遠足の楽しみの一つは、行き帰りや食事の時間のおしゃべり。こちらも満足。
   

聖ペトリ教会    バーラッハ作キリスト像   大聖堂の中庭にもバーラッハの作品がある





新しい会堂で初めてのイースター礼拝。教会は初めてという方も来られて
一緒にキリストの復活をお祝いしました。
教会はすべての人に開かれている場所なので、
これからも続けて礼拝に来てほしいです。
   

子どもたちもチルドレンタイムでイエス様の十字架と復活のお話を聞きました

  
  
礼拝後子どもたちは教会の庭で卵さがし
ティータイムでは、多くの方が手作りのケーキを持ち寄ってくださり、
心だけでなく、おなかも満足しました。






7月から新しい場所での礼拝が始まりました

  
明るくきれいな会堂です。声が良く響きます。
まだまだ席が空いていますので、多くの人が集うことを願っています。



礼拝後には隣室でティータイムとなります





クリスマス会はNiendorf教会を借りて行われました。
たくさんのゲストとともに、キリストの降誕をお祝いしました。

    
Teenagerによる絵本朗読      クリスマスオラトリオから       イエスは光

    
工作を楽しむ子どもたち   お菓子のろうそく    キャンドルサービスで光が広がっていく






韓国教会の牧師夫人にキムチの作り方を教えていただきました。
    

塩漬けにされた白菜    ネギやリンゴも入れます   できあがったキムチとアツアツごはんで





9月6日はJosua‐Gemeindeにて、多文化礼拝に参加しました。
ドイツ、韓国、エチオピア、ブラジルの教会が集いました。
天国に行ったら、人種の違いを超えて、皆で一緒に神を賛美するのだと実感しました。





9月5日、韓国教会と合同で「愛と平和コンサート」を開催しました。
韓国と日本の間には、歴史の中で、何度も争いがありました。
今日もその問題は続いています。
私たちはキリストの愛を知った者として、お互いに過ちを認め悔い改め、
キリストの愛でお互いを愛し合いたいと願っています。

      
日本の子どもたち  韓国教会牧師夫人のオーボエ  ハンドベル  日韓合同青年聖歌隊

  
  
韓国教会Woo牧師の平和のメッセージ    全員で「Make us one」を歌いました

他にもいくつかのソロの演奏がありました。
最後の「Make us one」では、母子室にいる子どもたちも一緒に手をつなぎ、賛美しました。
会場が神の愛によってひとつとされた、すばらしいときでした。

 





第34回全ドイツ・プロテスタント教会大会(Kirchentag)が2013年5月1〜5日、
ハンブルクで開催されました。

*5月1日、Abend der Begegnungにて
   
テントの中で    テーブルに並ぶ配布物   浴衣姿の看板娘    書道に余念なく


 
倉庫街前のテント全景。お天気に恵まれました。

  
暗くなってからも立ち寄る方々が絶えませんでした。

お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。それぞれの賜物が活かされ、楽しい時を過ごせました。
訪れて下さった方も喜んで下さり、日本語教会の存在を知っていただく、
良い機会になりました。







様々な活動案

礼拝場所と時間

連絡先

宣教師のコーナー





Topページへ戻る



はじめに ハノーバー聖書の集い